クラウド型のデメリット

セキュリティ面で不安がある

クラウド型メール配信システムのデメリットとして指摘されているのが、セキュリティ面で不安があるという点です。インターネットに接続して利用する必要があるため、情報漏洩などのリスクは高いと言えるでしょう。高度な暗号化を設定した上でデータの送受信を行う事が求められてきます。またシステム環境に対するベンダーの依存性が高い事もクラウド型のデメリットな点となっています。そのため、万一システムに障害が発生した場合、自社で復旧作業する事ができず、復旧に時間をかけてしまう可能性があります。他にもインターネットに繋がっている環境でないと利用できない点がデメリットであり、インターネットに障害が発生してしまうと利用する事ができなくなります。

個々の顧客に応じた情報発信がしにくいなどのデメリットがある

クラウド型メール配信システムにはカスタマイズの自由度が低いというデメリットがあります。クラウド型はベンダーの依存性が高い事から、自社で扱いやすいよう自由にカスタマイズする事はほぼできないと言えます。またクラウド型は、不特定多数の人に対して一度にメール配信できますがその反面、個々の顧客のニーズに応じた情報発信が容易にできないというデメリットがあります。さらにはメールを送っても顧客が必ずメール内容を読むとは保証されていないため、メール配信までに至る作業が無駄になってしまうケースも少なくありません。クラウド型のメール配信の導入を検討する場合は、あらかじめ顧客のターゲットを決めてから最適なメール配信システムを選ぶ事がポイントと言えます。

メール配信のサービスで有益な情報を得ることは簡単に出来ます!会員登録する際にメールアドレスを入力し、「メールの配信を希望する」と設定しておくだけです。