クラウド型の費用やおすすめの運用方法について

メール配信業務の様々な手間を省く

クラウド型のメール配信はアカウントを取得するだけで利用が可能になります。面倒なメンテナンス作業が必要ないことと、手間のかかるメールサーバの構築が不要になるのでコスト削減が容易になります。全世界で利用されているクラウド型メール配信サービスを利用するときの業者の選び方は、確実にメールを届けるために送信ドメイン認証や自動バウンス処理などの機能を標準搭載していることが条件です。企業においてメール配信業務の担当者が直面する悩みは、ビジネスにおいてメールを送る機会が多くあることです。会員登録完了通知やセールやキャンペーンの告知、他にもパスワードリセット通知や請求書の発送など多忙です。そして迷惑メールフォルダの高度化により配信したメールが未着になることがあります。しかしクラウド型メール配信サービスの利用でこれらの問題に対しても対処可能になります。

使いたいときに必要な分だけのサービス

企業にとってのメールの未着は顧客獲得機会の損失や顧客満足度の低下、利益の損失を招きます。クラウド型メール配信サービスを利用することでメールの到達性が高まります。様々な機能としては独自ドメイン利用やバウンスの自動処理、配信停止リンクの挿入などです。またビジネスの成長に合わせてスケジュールの変更が可能なことと、1通のメールを送るようにパワフルなインフラにより1万通のメールを送ります。なお利用の際はサーバとインフラの追加は一切不要なことと、月数が百億通規模のメールを捌く処理性能と安定性を有していることです。このサービスの利用は初期費用はかかりません。かかる費用は使いたいときに必要な分だけというサービスです。