クラウド型のメリット

導入時におけるメリットとは

クラウド型メール配信のメリットは、まず「手軽に導入できる」という点があげられます。もし自社内で配信システムを構築するとすれば、まずサーバーを用意してソフトウェアを導入することが必要です。そして、特に対外的なメール配信ではミスが許されないため、システムの検証にもかなりの慎重さが求められます。このため、導入して実際に運用できるようになるまでには、かなりの費用と時間、そして労力が必要なのではないでしょうか。

その点、クラウド型であれば、すでに実績のあるシステムを利用できます。このため短期間で、そして初期費用もかなり安く導入することが可能です。
また、自社でサーバーを持たないような比較的小規模な企業であっても、クラウド型を利用すれば本格的なメール配信を手軽に導入することができます。

運用時におけるメリットについて

運用時のメリットとしては、まずシステムのメンテナンスやアップデートを自社で行う必要がない、ということがあります。面倒なメンテナンスやアップデートは、すべて運用会社がやってくれます。このため、社内で時間や労力をかける必要がないとともに、安定した運用が可能です。またコスト面から見ても、自社でシステムを用意するのに比較して、結果的に安くなることが多いです。 そしてこれは運用会社にもよりますが、マーケティングのための機能等、いろいろなサービスが用意されています。そして新しいサービスが導入された場合も、クラウド型であれば最新の機能を利用することが可能です。場合によっては、不必要なサービスは利用を終了し、コストを下げるといったことも比較的容易にできます。